Column

・・・骨格スタイルコラム

骨格スタイル別 似合うピアス・イヤリングの選び方

 
髪をアップスタイルにする方も多い夏
耳元のピアス・イヤリングが目立つ季節ですね
今回は、骨格スタイル別
「似合うピアス・イヤリング」を
ご紹介したいと思います。
 
 
 
ダイヤモンド、ルビー、サファイア、
エメラルドなど本貴石と呼ばれるもの、
パールは8mm以上のように
小ぶりでないもの、
透明度の高い宝石、
高級感のあるものが
お似合いになります。
 
ピアス/イヤリングのデザインは、
シンプルでシャープなもので
例えば、一粒ダイヤをカチッととめる等、
大振りでないもの・
耳から下がって揺れないタイプがおすすめです。
 
肌の質感にハリのあるタイプが多いので、
すっきりとしたものが顔周りにくることで、
より大人な洗練された印象をあたえます。
 
 
 
小さくて繊細な雰囲気のもので、
パールは7mm以下のもの、
ガーネット・アメジスト・ペリドット・トパーズ等の
半貴石のものがお似合いになります。
 
ピアス/イヤリングのデザインは、
細工が細かく小さい集合体のもので例えば、
淡水パールやビジュー等、
耳から下がって揺れるタイプがおすすめです。
 
華奢なフラット、ふわりと揺れるデザインのものが
より一層、女性らしさを引き立たせます。
 
 
 
透明度のない宝石で、
ターコイズなどの天然素材の石や、
バロックパール等
少し形のゆがんでいるものがお似合いになります。
 
ピアス/イヤリングのデザインは、
ボリューミーなもので
例えば、太めのチェーンや木製・レザーのように
エスニック調なもの
大胆なタイプがおすすめです。
 
骨太で骨格や関節が
しっかりしている方が多いので、
存在感のあるものが顔周りにくると
より一層、オシャレ感や個性が際立ちます。
 
 
骨格スタイル協会認定講師 大楠博子 

LinkIcon

LinkIcon